ホーム » 日記 » 最新機種が欲しいけど高くて手が届かない|この方法なら本体代金○万円引き?!

最新機種が欲しいけど高くて手が届かない|この方法なら本体代金○万円引き?!

■人気が衰えないiphone5s
発売当初よりは熱が若干冷めたとはいえ、まだまだ新機種の中で
一番人気をほこっているのがiphone5sですよね。

ようやく世の中の需要に供給が追い付き始め、生産ラインの
稼動も少し緩やかになったという話も聞きます。

ただやっぱり本体価格を見ると、高いですよね!
一番安い16Gでも7万円弱、32Gだと8万円弱、64Gだと9万円弱と、
お小遣いで買うには到底手の届かない額です。

それでも人気って事は、みんな発売に合わせてお金を
貯めてたのかなぁ、なんて思っている方いらっしゃいませんよね?

先ほど書いた本体価格を出して実際に購入してる人は、
たぶんほとんどいないと思います。

何故なら本体購入代金を補助してくれる割引サービスが
あるからです。

これは機種変更でも受けられる割引サービスではあるのですが、
他社からの乗り換え、例えばauからソフトバンクへ乗り換え
といった場合の方が、より高い割引を受ける事が出来ます。

■MNPで本体代金が何万円もお得に
MNPで他社から乗り換えた場合、MNP手数料と利用していた
割引サービスの解約金がかかってしまいます。

auからソフトバンクへ乗り換えの場合、MNP手数料として
auに2100円とソフトバンクに2835円の合計4935円がかかります。

更に誰でも割を利用していた人は、2年ごとの更新月以外での
解約ならば9975円、年割やガク割を利用していた人は、1年ごとの
更新月以外での解約ならば3150円の解約金が発生します。

最大合計14910円がかかってしまい、余計にiphone5sへの
乗り換えが厳しくなった!と思いがちですが、実はそれを補っても
余りある割引サービスがソフトバンクでは受けられるんです。

それはバンバンのりかえ割と、月月割というサービスです。
バンバンのりかえ割で選択出来るサービスの一つにホワイトプラン
の基本料金(月額980円)が2年間無料というものがあります。

月月割は、iphone5sの16Gを購入した場合、毎月2835円を2年間
割引してもらえる為、割引総額を計算すると
91560円にもなります。

出費であるiphone5s/16Gの代金にMNP手数料と解約金を合計しても
最大82950円にしかなりませんので、十分割引サービスで
賄えるという事がわかると思います。

■欲の出し過ぎには注意!
しかしお得な情報はこれだけではありません。
ソフトバンク携帯を扱っているショップによっては、更にお得な
キャンペーンをやっている所もあります。

例えば最大○万円のキャッシュバックといったキャンペーンも
実際にあります。

しかしうまい話には落とし穴が用意されている可能性も
否定できません。

よりお得に乗り換えようと、数万円のキャッシュバック
キャンペーンに申し込んだら、キャッシュバックを受ける為には
毎月3000円を超える有料オプションの契約を1年以上維持する事が
条件だったという場合も考えられるのです。

これでは逆に損をしてしまう可能性もあるので、欲の出し過ぎには
注意をし、確実にお得に乗り換えて下さいね!

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。